スポンサーリンク
PLCハード設計

【MELSEC-Q】入出力ユニットのまとめ

MELSEC-Qシリーズの入出力ユニットの種類は多いですね。電圧仕様やI/O点数など様々な違いがあります。また、入出力混合ユニットも用意されています。

でも一覧にまとめてみると意外とそうでもなかったりします。

普段使うユニットの特徴や仕様はすぐにがわかると思いますが、初めて使うものは分からず苦労すると思います。

通常ですとカタログを調べることになるのですが、カタログは非常に読みにくく仕様比較しにくいです。そこで今回簡単に仕様をまとめてみました。

参考になれば嬉しいです。

なお、Qシリーズの入出力ユニットのカタログは以下のサイトからダウンロードすることが出来ます。

MELSEC-Q シーケンサ MELSEC 制御機器 ダウンロード |三菱電機 FA
スポンサーリンク

入力ユニット

カタログの中から、覚えておいた方が良いと思った型式だけをピックアップしました。

多くの制御回路はDC24Vですので、赤太文字のユニットが重要です。

型式電圧点数備考
QX10AC100-120V16点
QX28 AC100-240V8点
QX40DC24V16点プラスコモン
QX41DC24V32点プラスコモン
QX42 DC24V64点プラスコモン
QX50DC48V/AC48V16点
QX70DC5V/DC12V16点プラスコモン/マイナスコモン共用
QX71 DC5V/DC12V32点プラスコモン/マイナスコモン共用
QX72 DC5V/DC12V64点プラスコモン/マイナスコモン共用
QX80 DC24V 6点マイナスコモン
QX81 DC24V 32点マイナスコモン
QX82 DC24V 64点マイナスコモン

QX40/41/42とQX80/81/82の違いはプラスコモンかマイナスコモンかです。選定するセンサーの出力タイプがNPNであればマイナスコモンを使用します。

プラスコモンとマイナスコモンの違いについては以下の記事に詳しくまとめています。

実際には先にI/O入力機器をプラスコモンで使用することを決めてから、次にNPNタイプのセンサーを選択するという順番になるはずです。

出力ユニット

出力ユニットのラインナップも豊富です。

型式電圧点数出力
QY10DC24V 2A
AC240V 2A
16点リレー出力
QY22 AC100-240V 0.6A8点トライアック出力
QY40PDC24V 0.1A16点 シンク出力(国内向け)
QY41PDC24V 0.1A32点 シンク出力(国内向け)
QY42P DC24V 0.1A64点 シンク出力(国内向け)
QY50DC12-24V 0.5A16点 シンク出力(国内向け)
QY70DC5V/DC12V 0.16mA16点 シンク出力(国内向け)
QY71 DC5V/DC12V32点 シンク出力(国内向け)
QY80 DC24V 0.1A 6点ソース出力(欧州向け)
QY81P DC24V 0.1A 32点 ソース出力(欧州向け)
QY82P DC24V 0.1A 64点 ソース出力(欧州向け)

出力ユニットのQY80、QY81P、QY82Pについては型式規則に注意必要です。何故かQY80だけPが付きません。

出力ユニットにはソース出力タイプとシンク出力タイプが用意されているので、選定には注意が必要です。

ソースシンクタイプの配線方法については以下を参照願います。

入出力混合ユニット

型式電圧点数出力
QH42PDC24V32/32点 シンク出力(国内向け)
QX41Y41PDC24V 0.1A 32/32点 シンク出力(国内向け)
QX48Y57 DC24V 0.1A8点/7点 シンク出力(国内向け)

コネクタタイプの混合入出力ユニットの使用方法については以下の記事を参照願います。

スポンサーリンク

まとめ

国内仕様の場合、入力ユニットにはQX40/41/42が使用されます。

出力ユニットにはQY40/41/42が使用されます。

I/O一点あたりの単価はI/O点数の多いユニットほど安くなる傾向があります。しかし過剰に予備を儲けることは経済的ではありません。

I/O点数を把握して部品選定すると良いです。

また、実際にI/O入手力ユニットを使用する際は、PCパラメータにてI/O割付計算を行い、各I/Oへ接続する信号線がCPUないでどの入出力デバイスとなるのかを考える必要があります。以下の記事を参考にしてみてください。

以上になります。